スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なこと…でもないのですが。

今日はとっても大切な日。
一年前ジィールが飛行機に乗ってやって来た日。

空港の静かな部屋の一室で、
遠くにいてもわかる程の声を張り上げ
思いっきりピャーピャー鳴いていたちっちゃい宇宙人と
初対面した時の感動を決して忘れることはないと思います。

20081220114846.jpg

いつだったか、真夜中に顔が腫れるくらい泣いていた頃、
ジィールが眠っている場所が目に留まり、

『ボクハイツモココニイルンダヨ』
ふと、頭に飛び込んできた言葉がありました。

決して忘れるハズはないのですが、
いつも私達の傍にいることに改めて気づきました。

おかげで少し心が軽くなりました。

その後も…ごくごく稀に、ふと何かが部屋を走ってるような、
一瞬布団の上に何かいたような感覚があることがあります。
<決してこの世にもう存在しないものが見えたとかではありません(笑)>

あぁ~ジィールかもナっていうそれほど不思議でもない温かい感覚。

今日は記念にダンナくんが首輪を買ってあげました。
スポンサーサイト
プロフィール

jiru+

Author:jiru+
シンガプーラのji-ruの日々のこと
小さい体で元気いっぱいの男の子です。


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。