スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の重さ。

私達と猫のブリーダーの間には複雑なことに、
紹介業者と東京の獣医さん(CFAの審査員でブリーダー)がいました。
猫がウチに来る前から、私達が一番マメに連絡を取っていたのが東京の獣医さんでした。

この子にFIPの疑いがあり、
まだ病気で闘っている頃にブリーダー側から、
”もし仮にFIPだとして、まだ産まれて1年も経っていないので…”
という事で、代猫などの補償の話をされたことがあります。
その頃から…
私達は怒りと同時に、いろんな疑問が湧いてきました。
そしてある事実がわかりました。

この子が産まれる1週間前に、同じブリーダーの子がFIPで命を落としていました。
その子はウチの子と同じ両親の血が入っている子でしたが、
”病気一つしたことのない家系の子”
として、生後50日でウチの子は引き渡されました。

この時期に、他にも同じブリーダーがブリードした猫が、
同じ病気で亡くなっているという事実もわかりました。

コロナキャリア猫の、たった数%しか発症しないというこの病気。
このブリーダーは、わずかな期間に立て続けに亡くなった子がいた事実に対して
FIPに対しての考え方がどこか安易過ぎるのでは?
とも取れるような気がしてなりません。
これまでの検査や衛生管理にも多くの疑問が残ります。

ブリーダーの方の人間性だと思いますが、
”病気一つしたことのない家系の子”ではなく、
最初に病気のことを聞いた時、私達にきちんと話をしていてくれたなら、
その後の検査やストレスに対して、もっと出来ることが違っていたのでは…と
今更ながら残念に思います。

もしかして背負わなくてもよかったモノを、
この子はわざわざ背負ってしまったのではないか…
と、当時は何度も心が押し潰されそうになりました。

もう一つ、この子が亡くなったことで明らかになったのですが、
ブリーダーの件とは別に紹介業者の担当者が、
有り得ないことに、私達やその会社の信用を失うほどの
取り返しのつかない決定的なミスを犯していました。
この担当者は紹介当初から大事な部分でのミスが大変多く、
やがて、引渡し後は連絡をしても何の音沙汰もありませんでした。

私達は会社の責任者からの正式な謝罪を求めたのにもかかわらず、
この担当者は私達への謝罪は拒否しようとし、
言い訳と自分の謝罪だけで済まそうとしました。
後日、やっとこの会社の責任者の方からの謝罪と、
今後の猫種担当を変更するという連絡がありました。

本来なら、この会社の担当者の責任で行う損害賠償の処理も、
すべて東京の獣医さん任せで済ませ、その後担当者からは何の連絡もありません。
この担当者の”命を扱う者としての責任感の無さ”は、
どうしても理解出来ず、本当に許しがたいものです。

その後、
東京の獣医さんとブリーダーは
”今後この病気で不幸にも命を落とすことがないように…”と
この子の両親をブリードラインから外すということと、
これからの仔猫の引渡しの際には、
必ずコロナの抗体価検査を項目に入れるという約束をしていただきました。

FIPという病気は、FIPだと診断することや、
感染経路を特定することがとても難しい病気です。
だからこそブリーダー側は責任逃れをし易く、
病気の発症原因などを飼い主さんの責任に押し付ける例がよくあるそうです。
通常は補償などの話し合いにすら応じてもらえないことがほとんどで、
私達のように話し合いが出来る対応自体がごく稀なコトなのだとか。
前例があったために責任逃れが出来なかったのか、
たまたま東京の獣医さんが学者であり、
CFAの審査員をされていたことも大きかったと思いますが…。

もしも…彼が闘っていた病気がFIPでなかったなら、
私達家族は知らなくてもよかったことが本当にたくさんたくさんありました。
いろいろな人間性や価値観、
見えない信用という部分では
傷ついたことも理不尽なこともたくさんありました。

でもそれ以上に、
彼や彼の病気からは大切なことをたくさん教えてもらいました。
CA60SGMN.jpg
この子はとても小さく短い命でしたが、とても重くて深い命だったと思います。


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
次のページ
お誕生日
新着
願い…。
お兄ちゃんと弟たち
おにいちゃん
お箸を間違えたこと
ジィールパパ
Comment
とても複雑で難しく、大変な思いをされていたんですね。
まず、「命」をなんだと思っているのか?
モノじゃなくこの世に産まれてきたとても大切な「命」であることを分かっているとは思えないですね
とても不快で怒りを覚えます。
言葉が通じ合えないから、分かってあげられない事、それでも、通じ合えないから与え合える事ができる存在。もしかしたら通じ合えないから余計に大切な存在になるのかもしれません。
ジールくんがおうちに来ることをジールくんが選んで一生懸命にゃん生を過ごしたかったんだと思いますよ。
病気のこと、ちゃんと知っていればもっと色々なことをしてあげれて・・・後悔するお気持ちは分かります。わが子に最善のことをしてあげたい、どこのおうちも同じ思いでしょう、もちろん私もです。
でも、これだけは・・・
ジールくんにとって10年、20年分いえ。もっともっとたくさんの時間分の愛情を受け幸せに過ごせたから、たくさんの「幸せ」を与えてくれたん
です。
最高の、そして最愛のママとパパに出会えたこと。ジールくんの大切なお二人にこれからも幸多きことお祈りしています。
jiru+さん、
コメントをいただきありがとうございます。

その後の状況がよく分かりました。
本当に大変でしたね。
でも、jiru+さんがきちんと対応されたことで、
今後、同じことが繰り返されない・・・というのは、
とてもとても大きな行動だったと思います。


そして。。。。。
いろいろとアドバイスもいただきありがとうございます。
今まで通常の血液検査等しか受けてこなかったので、
折にふれ受けさせてみようと思います。
幸いにも掛かり付けの獣医さんがいい先生で
猫種のこともよく調べて下さったりされる方なので、
含めてお話しするようにしたいと思いました。

純血種の中でも希少種は血が濃いので・・・という部分は、
ほんとうにこの半年くらい感じていたことです。
。。。と言うのは、
アッシュも大きな病気こそないものの、
少しのことで、一気に体調が悪くなってしまう。。。という事がありました。
これはMIXのノアにはあまりみられない症状。
実は、ちょっと語弊がある言い方かもしれませんが、
ノアの為にと2匹目は純血種を飼ったところがあるんです。
今では全然元気なノアですが、
家にやって来たばかりは、(ちょっとしたことですが)いろいろと病院に通いがち、
何よりお母さんが実はエイズウイルスの陽性・発症は無し、だったんです。
母子感染はほぼ無いと言われて、
実際、ノアも大丈夫でしたが、
やはり純血種の方がいろいろなリスクは少ない、
・・・よって、ノアに影響が無いのではないか?
という思いだったんです。

でも実際に純血種を飼ってわかることもありました。
一概にどちらがどうとは言えないと。。。。。
ただ、よく分かったのは、
どの猫も平等であり、幸せになる権利があるのだということです。
猫を取り巻く環境、人間によって左右されてしまうのだということです。

悲しい事に、業者・ブリーダーが不幸な出来事を作り出しましたが、
でもjiru+さんご夫妻に出会ってからのジィールくんには、
幸せな日々、人生だったのだろうということが
深く伝わります。

何よりこうしたご縁はジィールくんがいてくれたから!ですよね。


いろいろなことがあり、
心身ともにお疲れになられている頃かと存じます。
どうかお身体だけはくれぐれもご自愛くださいませ。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

(いただいたコメントはおそらく字数の関係で入らなかったのだと思います。
お差支えなければこちらで2つに分けてUPさせていただければと思います。
お時間のある時にお返事いただければ幸いです。)

こんんちは。
記事を拝見してから、いろいろな事を考えていました。

実は、うちのアッシュの異母兄弟の男の子が、
数ヶ月前に突然亡くなりました。
一度、私のブログにもUPさせていただいた事がある、
アッシュにとってもそっくりな男の子です。
その飼い主さんの方は、たまたまエジプシャンマウで検索して
私のブログにヒットしてコメントをいただいたのが縁でやり取りしたところ、
何と同じキャッテリーさん出身という事が分かり、
しかも異母兄弟、誕生日も数日しか違わないことがわかりました。

その方はブログをされていなかったので、
メールで幾度かやり取りさせていただき、
その内にその男の子は身体が弱く、お腹を壊しやすい、
。。。実はコロナウイルスの発症の恐れがあるとのことでした。
それでも日々、元気に過ごしています、
とのことで安心していたのですが。。。。。
ある日、突然、入っていたメールには
その男の子の訃報のお知らせでした。

詳細に突然の病気の発症、
しかし病院での原因がはっきりしない為の手の尽くしようも無い状況、
そして残念な結果に至るまでの経過。。。

その方は、同じブリードラインのうちのアッシュのことも心配してくださり
悲しみを乗り越えながらも、その細かい状況をお知らせ下さりました。

うちのアッシュの場合は、
おかげさまで病気知らずできていますが、
やはり同じブリードライン、
今後は何かあった時には深く注意することが大事だと
改めて認識させてもらえました。


jiru+さんも同じく、
みなさんにいろんなことを伝えようとして下さっている気持ちが
ほんとうに伝わってきます。

命の大切さ、
その一言は本当に重いです。

ジィールくんが教えてくれたことも、
とっても大きいです。


本当にjiru+さんとジィールくんに感謝しています。
ありがとうございます。
そして、これからも
このご縁がつながっていくことを願います。

正直、言葉が見つかりません。
でも、ジィール君は幸せだったと言えることはできます。
だって、ブログの中で見せる彼の顔からは、家族の中での幸せ感しか、感じませんでしたから。

悲しみの中で、怒りまで負わされちゃうのは、本当に辛いことだと思います。
ブリーダー側には、「命」とか「家族」を扱っているんだということを再認識してほしいです。
なんといっていいのか、わかりません。
うちの前のシンガのコがやはりFIPでしたが、ここまで酷い対応ではなかったので、死に対することでのみの辛さだけでした。

私もわかった時には「うちのコにならなければ」とは何度も思いましたが、楽しい時間を共有できたこと、幸せだと思ったことでそれを思うのは違うんだと思います。
むしろ「うちにきてよかったんだ」と思います。
ジィールくんもきっと同じだと思います。
ジィールくんのためにも、笑っていてあげてください。
記事を読んで、あまりのことに驚きと怒りを覚えました。
ジール君が小さな体で病気と闘っていて、その苦しそうな姿を見ながらも、どうすることもできないママさんパパさん、さぞお辛かったでしょうね。
悪徳ブリーダーが少しでも減ってくれるといいのですけど。そして、病気で苦しむ動物が少しでも減ってくれるといいのですけど。
ジール君のかわいらしい写真を見てると、本当に可哀想でなりません。
ホントかわいい子にゃんこでしたよね。ジール君のお顔大好きでした。
短い間でしたけど、ジール君のお陰で幸せな気持ちになれたことに感謝です。ジール君、ありがと。ママパパさんもありがとうございました。
まだまだお辛い中、闘っていたのですね…

このブリーダーは命というものを一体どう考えているんだろう、と
どんな嬉しい気持ちで子猫を迎えて、愛情を注いで・・
その子の病気がわかった時、看取る時、どんなに辛いか考えたことはあるのだろうか、と
とても悲しく、それと同じくらいの怒りを覚えました。
jiru+さんの行動は、これ以上このブリーダーから、
過酷な運命を背負ってしまう子を増やさないための歯止めになると思います。

「もしウチに来ていなければ」なんてどうか思わないで…
小さな体で懸命に生きたジィールくんのこと、ずっと忘れません。
うちはペットショップからだったので、ブリーダーのことは詳しくわかりませんが…
テレビでも最近取り上げられているように、ペットブームに便乗し、めちゃくちゃなブリードをしたり、劣悪な環境で母猫を飼育していたりと悪徳なブリーダーも多いようですね…
直接、子猫を手に入れることができるし、ペットショップで手に入れるより売る側との絆が近い気もしますが、このようなブリーダーは飼う側の人間を裏切る行為だと思うのです。

ジィールくんは、短い命でしたが、私たちにいろんなことを教えてくれた気がします。
そして、パパさんとママさんに出会えて本当に幸せだったと思います。
ご自分を責めないで下さいね!
何をどう書けばいいのかわかりませんが、、、ジィール君。 ほんとにいっぱいいーーっぱいがんばったね。 ここのおうちの子になれて 幸せだったね。

-もしウチに来ていなければ、もっと長生き出来たのかも知れない-

と ありましたが  ぜーーーーーーーーーーーったい そんなことないです!!!! あんなにがんばれたのは ここのおうちの子になったからですよ!!!!     きっと うちのママなら この病気をきちんと みんなに知らせてくれるってジィー君は思ったんだよね。。。。
私には 想像もつかない おつらい気持ちのかなFIPという 病気のこと、ブリーダーの現状など 教えてくれて本当にありがとうございます。
何をどう書けばいいのか・・・・ わかりませんでしたが、 うまく伝わらなくても 気持ちを伝えたくて まとまらない文章を書いてしまいました。
最後に 一言だけ・・・ジィール君ありがとう。
少しでも多くの方に・・・
こんばんわ。

先日病院へ行ったのですが、
うちの子の症例を学会に発表してくれたそうです。
そして同ブリーダーらしき血統のシンガプーラがFIPを発症したと聞かされました。

この記事を見てブリーダー探しの大切さが
少しでも多くの人に伝わる事を祈りたいです。
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

jiru+

Author:jiru+
シンガプーラのji-ruの日々のこと
小さい体で元気いっぱいの男の子です。


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。