スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使が舞い降りた

夕方到着の飛行機に乗って、はるばるやって来てくれました。
ちょっと寂しい貨物受取場で、どこに居るのかがすぐにわかるくらいの大声で鳴いていました。

そこには大きなお目目の天使が一匹…一目で虜になりました。
CAHSBVMI.jpg
帰りの車の中でもずっと、カゴから出せ出せコールが…。

家に着いても全く落ち着かないのか、部屋中の隅々までクンクンチェックをしていました。
用意していたご飯はペロリ…。
おトイレはあちこち探してたけれど、どうしても間に合わなくて失敗しましたが、
次は頑張ろうね。
あまりにも警戒し過ぎて疲れたのか、ソファーの上で行き倒れ…。
猫ベットに運んであげると、スヤスヤ私の隣で眠ってくれました。
かわゆい天使くん、ゆっくりおやすみなさい…
今日からどうぞヨロシクね。

スポンサーサイト
次のページ
猫、考える。
新着
願い…。
お兄ちゃんと弟たち
おにいちゃん
お箸を間違えたこと
ジィールパパ
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

jiru+

Author:jiru+
シンガプーラのji-ruの日々のこと
小さい体で元気いっぱいの男の子です。


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。